フォルミオ [Formio] - 日本生まれ、北欧育ちの子供家具

ホーム > ビボスオイルを使ったお手入れのしかた
カートを見る

ビボスオイルを使ったお手入れのしかた

注意

●亜麻仁油を含んだ布などは光や酸素を急激に吸収し、酸化作用の促進により発火する危険性があります。
 ビボスを浸した物は、金属製密閉容器に入れるか、水に浸した状態で保管してください。

●ビボスは人体に無害ですが、オイルの柑橘系の香りが気になる方は風通しのよい場所を選んでください。

●やすりをかけると細かい木粉が出ますので、新聞紙を敷くなどしてください。

ご用意いただくもの

■六角レンチ ■ビボスセット
六角レンチ写真

キレイに仕上げるために、解体して お手入れするときに使います。
※紛失の場合はフォルミオショップ
 にお問い合わせください。

■組立て説明書

■柔らかい布2枚

(汚れ、木粉拭き取り用 / 空拭き用)

リペアキット写真

BIVOS(ビボス)
オイル塗装面の再生・修復・仕上げ用のオイルワックス。亜麻仁油(自然オイル)80%・蜜蝋ワックス20%でできています。

スポンジやすり
使い切ってしまったら、市販の#180〜220のやすりをお使いください。汚れや傷がひどい場合は#150など少し荒めのやすりで削ってから#220で仕上げると、早くキレイに仕上がります。

ペーパー
ビボスの塗布や拭き取りに使います。柔らかい布(古タオルなど)でも代用可能です。

お手入れ方法

1.解体

1.解体
まんべんなくキレイに仕上げるために、なるべく解体して、パーツごとにお手入れしましょう。

2.やすりがけ

2.やすりがけ
余計な擦り傷を作らないように、木目に沿ってやすりをかけます。手を大きく動かして、力が一カ所に集中しないようにしてください。

3.ビボス塗布<

3.ビボス塗布
表面の木粉を拭き取ったのち、ビンをよく振ってからビボスを布に含ませて、木地に染み込ませるように塗ります。

4.乾燥

4.乾燥
ビボス塗布後20〜30分放置し、余分なオイルを拭き取って乾燥させます。1〜2時間で表面が固くなりますが、完全に乾燥するまで半日〜1日置いておきます。

5.研磨

5.研磨
完全に乾燥したら、キレイな乾いた布で木目に沿って軽く磨きましょう。ツヤが出ます。

6.組立て

6.組立て
組立て説明書に従って組立てます。高さを調節してください。

※ムラなく仕上げるためにビボスの2度塗りをお勧めします(1度塗りだときちんと塗れていないことがあります)。
※ビボスを塗ったパーツを乾燥させる際は、日の当たらないベランダや玄関などに立てかけておきましょう。

■イケダコーポレーション/ビボスセット
http://www.iskcorp-shop.com/?pid=34181326

保証書・アフターサービスについて | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示 | 配送と返品について | ご注文方法 | サイトマップ | リンク | 会社案内


三栄コーポレーションFREXA

Copyright(C) 2004-2017 株式会社 三栄コーポレーション All Rights Reserved.